MEMBER(L→R)

Drums 大東歩宇
Vocal &A.Guitar 久保木智洸
Bass 岡林ひろむ(サポート)
Vocal & Guitar 長谷川友哉
Guitar & Chorus 大沢伸

PROFILE

-ココロネコ-
ツインボーカル、ロックバンド。
人との関わりの中で生まれる孤独や悲しみ、それでも抱く希望を歌詞に込め、嬉しい時も辛い時も聴く人のココロに優しく寄り添う楽曲を発信し続けている。

ライブハウスへの出演に併せて、アコースティックバンド形態での演奏も行なっている。また各地で行なわれる野外イベント、カフェやレストランなどでのインストアライブにも出演し、若者から大人まで幅広い年齢層に支持されている。

HISTORY

*2010年10月大学の同級生4名(長谷川、久保木、大沢、大東)で結成。

*2011年
8月 1st single『go cry to go』を発表。
10月 島村楽器主催「HOT LINE 2011」の山梨県代表に選出され、東京大会に出場。

*2012年
2月 2nd single『街明かりの暴走』を発表。
12月 3rd single E.P.『アイデンティティ』を発表。記念ライブとして、バンド初となるワンマンライブを成功させる。

*2013年
2月 1st Mini Album『リフレイン』を発表。同時に首都圏TSUTAYAにて店頭インストアライブツアーを行う。また関東・関西のライブハウスを中心に友達100人できるかなTOUR』を実施。ツアーファイナルでは2年連続となるワンマンライブを行い、前年より更に動員を増やす。(友達100人の目標も達成)
11月 FUNKIST『TOUR2013 Japarican Gypsy』に出演を果たす。(w/堤晋一/REDJETS)

*2014年
1月 首都圏内のイオンモールで精力的にインストアライブを行う。
6月 ロックの日にYBS山梨の「てててTV」でココロネコが特集される。
10月 短編映画『向日葵/花火が終わるまでに』へ楽曲提供を行う。(優しい言葉を/僕らは)

*2015年
4月 Vo長谷川がパーソナリティを務める『ココロネコ ハセのREDIO BEAT』がFM甲府にて放送開始。(2017.2にて終了)
7月 甲府駅北口にて行われた『ててて!ラララ♪祭り』に出演。
9月 アイメッセ山梨で行われた『グルメサーカス』に出演。
10月 当時ベースボーカルだった久保木がベースをアコースティックギターに持ち替えたことにより、岡林をサポートベースとして迎え、現在の5人体制となる。

*2016年
4月 公開されたMV『冬の終わりに』が話題を呼び、山梨日日新聞にココロネコの特集記事が掲載される。
8月 youtube×HP連動企画としてGt大澤による”弾いてみた”企画を実施。
10月 1st Full Album『夜明けを飛ぶ』を発表。発売イベント『始まりの夜と小さな決意』を開催。 (w/DATSUN320/the mountain hut club/etc)

*2017年
6月 「音楽隊は君の街へツアー」を行い、首都圏ライブハウスや県内のイベント(山梨ラーメングランプリ, 平山郁夫シルクロード美術館 他)等、各地を回る。
7月 甲府CATVの番組「夢中探索」でココロネコが特集される。
11月 「音楽隊は君の街へツアーファイナル」を開催。(w/CHERRY NADE 169/DATSUN320/etc)

*2018年
8月 2nd mini album『ココロで花束を』を発表。各店舗で大規模展開し半年でSOLD OUTを記録する。また、『ココロで花束を』『夜明けを飛ぶ』のストリーミング配信を開始する。
9月 リリース記念イベント「東京編」を開催。 (w/The quilt/the mountain hut club/STAY ON SOLID/etc)
12月 リリース記念イベント「山梨編」としてワンマンライブを開催。大成功に収める。

*2019年
6月 4th single E.P.『歩くように、語るように』を発表。甲府駅北口で行われた「猫食同源6」で発売記念ライブを行う。
7月 地元山梨で開催される音楽フェス『ハイライフ八ヶ岳2019』に出演。
10月 下北沢で自主企画イベント開催。同日に『ココロで花束を』再販開始。

【演奏依頼について】

ココロネコは”バンドver“もしくは“アコースティックver“での演奏が可能です。

※アコースティックverの演奏については音響機材持ち込みが可能ですので、音響機材が無い場合も気軽にお問い合わせください。

ライブの演奏依頼について、詳しくは【CONTACT】まで。
お気軽にご連絡ください。